借金の返済が難しくなった場合、債務整理の手続きをとる対処法があります。債務整理には4つの手続き法がありますが、中でも民事再生は借金を減額したり生活に支障がない程度に月々の支払額を減らせる手続きです。ここでは、民事再生の手続きについて、自己破産との違いや手続きできる条件などを解説します。

民事再生民事再生では、借金の支払額を大幅に減額してもらったうえで分割払いが可能になる法的手続きです。裁判所に申し立てる必要があり、民事再生の手続きをするには一定の条件を満たしていなければなりません。住宅などの高価な資産を手放さずに支払いに猶予をもたせるのに適した方法で、借金の総額に制限があります。
民事再生には、小規模個人再生と給与所得者等再生という2種類の手続き方法があります。給与などの安定した収入がある場合は給与所得者等再生を申し立てることができますが、小規模個人再生よりも返済額が高額になるのが一般的です。とはいえ、小規模個人再生の場合は、債権者の反対を受けていると不利な状況となります。

裁判所への申し立てをする意味では共通でも、民事再生と自己破産では大きな違いがあります。民事再生では返済額が減額されながらも返済を続けていく必要がありますが、自己破産では返済の義務が一切免除されます。住宅や車などの高価な財産を手元に残しておきたい場合は、民事再生のほうが有効です。手続き期間中は特定の職業に就けなくなるといった制限も、民事再生にはありません。


関連記事

  1. 民事再生ができる場合
  2. 民事再生手続きの種類
  3. 自己破産との違いは?