民事再生は個人再生とも呼ばれる債務整理の手続きの一種で、裁判所に借金の支払いが難しいことを認めてもらったうえで、借金の減額や分割返済の手続きをおこないます。住宅などの高価な財産を維持したままで手続きをおこなうことが可能で、減額された借金は原則として3年間で分割返済するのが特徴です。減額された借金を完済できれば、民事再生計画の対象となった借金については法律上返済義務が免除されます。

弁護士民事再生の場合、手続きをおこなっても一定の職業に就けなくなるようなことがありません。また、住宅や車などの所有し続けたい高価な財産がある場合も、民事再生の手続きが有効です。ただし、条件によっては住宅ローンなどが免除されない場合もあり、住宅を維持するためには住宅ローン以外の抵当権が設定されていない必要があります。

個人再生の手続きを申し立てできるのは、借金の総額が5,000万円以下の場合です。ただし、住宅ローンは除外されます。借金の返済が不能となる可能性があり、継続して収入を得る見込みがあることも条件の一つです。民事再生の手続きが不能であっても、自己破産という債務整理の方法がありますから、弁護士に相談してみるとよいでしょう。


関連記事

  1. 債務整理で借金を減額
  2. 民事再生手続きの種類
  3. 自己破産との違いは?